お手入れに必要なアイテム~芝刈り機などを使って楽に作業を行なう~

手作業で庭の手入れをすると重労働なので道具を使うようにしましょう 手作業で庭の手入れをすると 重労働なので道具を使うようにしましょう

庭の手入れに使う道具

芝刈り機

庭の景観を美しく保つためには、庭に生えている芝生の刈り取りや、草取り、庭木の間伐作業というようなメンテナンスを定期的に行なう必要があります。しかし、手作業で行なうには大変な重労働なので、機械で行なうと楽になります。ここでは庭の芝の手入れ に役立つ、機械の種類をご紹介します。

庭の手入れに必要な設備

芝刈り機
芝刈り機は、いろんな種類があるので場所の広さなどに合わせて選ぶと良いでしょう。リール式は筒状になった刃が、縦向きに回転することで芝刈りをすることができます。ロータリー式は円盤状になった刃が横に回転し、芝を刈ります。一般で多く出回っているのがこのロータリー式で、芝生の切り口もきれいです。使用している最中にコードが邪魔になるという方は、コードレスタイプのものを選ぶと良いでしょう。とにかく費用を抑えたい方は、手動で動く芝刈り機をおすすめします。
電動式のバリカン
電動式のバリカンは片手で作業できるような軽いタイプのものが多いです。見た目も小さいので、細かい部分を丁寧に芝刈りしたい場合に最適です。また、電動式のバリカンにも、コードがあるものと充電式のコードレスタイプがあります。
手動式のこぎり
特定の枝をダイレクトに切りたいときに使用します。また、作業を行なうにはちょっとしたコツが必要です。そのため、慣れていない人が使用すると、幹にノコギリがはまって動かせなくなることがあるので、空いているもう片方の手でしっかりと枝をつかむようにしましょう。

こういったものを活用することで、慣れていない方でも草取りや芝刈りをしっかり行なうことができます。これらのアイテムはホームセンターやインターネットサイトからでも購入することができるので、自分にあったものを選んで準備をしておくようにしましょう。

設備を購入する際に重視するポイント

芝刈り機などの機械を購入する際に、使いやすさに重点を置いて購入する方がほとんどでしょう。しかし、使いやすさだけではなく、他の注意点をしっかり把握したうえで購入しないと今後の手入れに支障がでる場合があります。

電動芝刈り機を利用した方の感想

使うのがとても大変でした(30代/男性)

電動芝刈り機を買いましたが、思った以上に扱いが大変でした。結構重くて、持ち運びが大変だったり、実際刈るときのコントロールが難しかったりなど、初心者の私には難しかったようです。

メンテナンスも大変ですし稼働音も大きいです(30代/女性)

私の持っている電動芝刈り機は、電源コードがついているのでそれを踏まないように作業するのが結構大変なんです。電気代も心配なので、結局あまり使わなくなってしまいました。本当に、もったいない買い物をしてしまいましたね。

芝刈り機を購入する際は切れ味が非常に重要

芝刈り機

芝刈り機で一番重要なのは切れ味です。ゴルフ場の芝生をイメージしてもらったらわかると思いますが、あのように短くキレイに刈るには、リール式のように切れ味が鋭い芝刈り機を使用することが重要です。

TOPボタン